釧路市立美術館

釧路市立美術館

優しい時間が流れる複合施設の中にある美術館

コレクション

釧路市立美術館では地域の美術を中心とした作品を蒐集、研究しています。ここではその一部をご紹介します。

 

阿部 貞夫  Sadao ABE

1910(明治43)年-1969(昭和44)年

氷雪の河 Frozen River

1958年 73.0×103.0
木版・紙

東京都生まれ。留萌で幼少時代を過ごし、1929(昭和4)年に上京。戦後、1945(昭和20)年に帰郷し、その後釧路、札幌に住みました。日本版画協会展、全道展に出品し、個展も数多く開催。伝統的な多色刷り板目木版の技法を現代に生かし、道内版画家の先駆者として、自然をテーマに多くの作品を残しています。 氷を押し退けて進んでいく材木船。釧路川を覆いつくす蓮氷と薄桃色の空が、冬の厳しい寒さを感じさせます。

上野山 清貢 Kiyotsugu UENOYAMA

1889(明治22)年-1960(昭和35)年

摩周岳夜景 Night View of Mt. Mashu

制作年不詳 78.3×115.5
油彩・キャンバス

北海道江別村(現・江別市)生まれ。1912(大正元)年に画家を志し上京。35歳で帝展に初入選し、以後連続3回特選を受け、中央画壇で注目を集めました。北海道にも度々訪れ、全道展の創立にも関わりました。
本作は釧路管内にある摩周湖を題材とし、黒を基調とした深い色調によって、湖の持つ神秘的なイメージを描き出しています。

小川原 脩 Shu OGAWARA

1911(明治44)年-2002(平成14)年

幣舞橋風景  Landscape of Nusamai Bridge

1957年 73.0×91.0
油彩・キャンバス

北海道倶知安村(現・倶知安町)生まれ。東京美術学校(現・東京藝術大学)卒業。在学中から帝展などへ出品し、前衛的な絵画に取り組んでいました。戦後は、故郷の倶知安にもどり、全道展の創立会員として活躍しました。
動物や身近な風景を多く描いた作家。珍しい風景画の本作は、人の往来で活気あふれる幣舞橋を、上から眺めた構図で描き出しています。

尾山 幟  Nobori OYAMA

1921(大正10)年-1995(平成7)年

彩苑 Colorful Garden

1953年 133.4×188.1
紙本彩色

北海道釧路市に生まれ、多摩美術専門学校(現・多摩美術大学)日本画科卒業後、釧路高等女学校(現・釧路江南高等学校)で教員などを経た後、1951(昭和26)年に上京し、岳陵塾蒼野社で学びました。日展出品を中心に、東京を拠点にして活躍しました。
素朴な中にも、写実と装飾を融和した表現を追求した作家。生涯描き続けた花鳥画には、豊かな色彩があふれています。

菊地 隆三  Ryuzo KIKUCHI

1907(明治40)年-1994(平成6)年

興津海岸 The Seashore of Okotsu

1975年 112.2×145.5
油彩・キャンバス

北海道根室市生まれ。釧路で左官業を営みながら絵を描きました。1964(昭和39)年に白日会展に初出品、翌年サクラ賞、続いてホルベイン賞を受賞し、以後毎年出品しました。
北の海岸風景をテーマに制作を続けた作家。本作は釧路の海岸風景です。乾いた草むらと雪の白が、確かな筆致で丹念に描きこまれ、浜の静かな冬のひとときをとらえています。

高畠 達四郎  Tatsushiro TAKABATAKE

1895(明治28)年-1976(昭和51)年

橋(釧路)  Bridge (Kushiro)

制作年不詳 65.3×80.2
油彩・キャンバス

東京生まれ。慶応義塾大学に進学しますが、画家を志して中退、本郷洋画研究所で学びます。光風会、帝展に出品。1921(大正10)年渡仏。帰国後二科会、国画会に出品し、1930(昭和5)年独立美術協会の創立に参加しました。
本作ではたくさんの人々が行き交う橋、その向こうに大漁旗がはためく漁船が隙間なく並んでいます。オレンジ色の夕陽を背景に、船と人々が行き交う活気溢れる漁港の様子が表現されています。

西塚 栄 Sakae NISHIZUKA

1913(大正2)年-2005(平成17)年

山湖 Lake in the Mountains

制作年不詳 112.0×162.0
紙本彩色

北海道利尻富士町生まれ。小樽商業高校を卒業し、釧路市役所に勤務。釧美展、道展を中心に作品を発表し、道東の自然を題材に力強い日本画を描きました。1967(昭和42)年には「岳」が釧路市買上美術作品制度1号となりました。

中江 紀洋  Norihiro NAKAE

1943(昭和18)年-

木霊を聞く  Listening to the Echo

1978年 167.0×57.6×80.0

北海道釧路市生まれ。武蔵野美術学校を卒業後、釧路で制作を続け、全道展協会賞、自由美術協会展平和賞を受賞して注目を集めました。釧路市・幣舞公園「地殻交信機」のほか、札幌芸術の森に「PILE WAVE」、とうや湖ぐるっと彫刻公園に「生彩」など、道内各地に野外彫刻が設置されています。 過去から未来へのメッセージを、木という素材を生かして表現しています。

羽生 輝  Hikaru HANYU

1941(昭和16)年―

北の浜辺(床丹)Northern Beach (Tokotan)

1993年 181.7×227.5
板・彩色

東京都生まれ。小学生の時に釧路に移ります。北海道学芸大学釧路分校(現・北海道教育大学釧路校)の卒業制作以来、現在まで道東の浜辺を描き続け、道展、創画展を中心に発表しています。 作家が描くのは一貫して秋から春にかけての厳しい季節。その寒さの中でスケッチをし、画中に表現しています。本作では白い雪の直線的な表現が、道東ならではの硬くしまった雪の特徴をよくあらわしています。

羽山 雅愉  Masayoshi HAYAMA

1943(昭和18)年-

曙光 Dawn

2000年 130.3×194.0
油彩・キャンバス

北海道釧路市生まれ。北海道教育大学釧路分校(現・北海道教育大学釧路校)を卒業、教員として勤めるかたわら制作を続け、全道展、安井賞展などに作品を発表。現在は小樽在住。 港町を移り住んだ作家は、海のある街を題材にした風景画に近年取り組んでいます。本作は、釧路を訪れて制作されました。丁寧に塗り重ねられた色彩には、夜明けの柔らかな光があふれています。

久本 春雄  Haruo HISAMOTO

1896(明治29)年-1968(昭和43)年

曠原  Vast Field

1931年 203.0×167.0
絹本彩色(2曲1隻屏風)

北海道釧路市生まれ。東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科に入学。中退した後、23歳の時再度、同校日本画科本科に入学し、結城素明のもとで写実を基本とした伝統的な日本画を学びました。1945(昭和20)年、終戦とともに49歳で帰郷し、北海道釧路湖陵高校、北海道教育大学などで後進の指導にあたりました。
故郷釧路の自然を愛した作家。東京で制作された本作も、市内緑ヶ岡にあったゴルフ場に取材し描いたものです。